PAGE
TOP

ソープアルバイト情報人気アクセスキーワード一覧

ソープ求人特集ページへ

56 view ソープ面接 ソープの面接から体験入店までの流れ|採用されるためのポイント
ソープの面接から体験入店までの流れ|採用されるためのポイント

ソープで働きたいものの、「面接が厳しくて落とされるのではないか」「いきなり裸になるのは怖い」など面接に関する不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。

ソープの採用システムは、「面接」「採用」「体験入店」という流れになっており、ポイントをきちんと押さえておけば、未経験からの採用も難しくありません。

当記事では、ソープの面接から採用・体験入店までの流れと、採用されるためのポイントを紹介するため、ぜひ参考にしてください。

 

1.【ソープ】面接から採用されるまでの流れ

ソープの面接では、ソープならではの特別な項目があるわけではなく、一般的な面接・他の風店の面接とほとんど同じような内容を確認されます。あらかじめ基本的な流れと内容を知っておけば、十分に対策が可能です。また、「遅刻しない」「挨拶をする」など最低限のマナーが求められることも忘れないようにしましょう。

以下では、面接から採用されるまでの流れを4つのステップに分けて解説します。

 

1-1.(1)写真付き身分証明書と履歴書を提出する

特に指示がなければ、通常の面接と同様に、顔写真付きの身分証明書と履歴書を面接官に提出しましょう。

ソープでは18歳以上の方しか働けず、地域やお店によっては20歳以上に限定されていることもあります。そのため、面接には「運転免許証」「マイナンバーカード」など、顔写真と生年月日がわかる身分証明証を必ず持参してください。なお、「健康保険証」「学生証」のみでは受け付けてもらえない恐れがあります。

事前に履歴書不要と指示を受けた場合は、当日お店が用意したプロフィールシートに記入するケースもあるため、筆記用具を持参しておくと安心です。

 

1-2.(2)履歴書をもとに面接をする

面接では、履歴書の情報を確認されるほか、ソープで働きたいと思った理由や目標などを聞かれます。風俗業界で働いた経験があれば伝えるとよいでしょう。面接の場所は、店舗に応接室や面接専用の部屋がないことが多いため、事務室や店長室で行われるケースが一般的です。

また面接は店長が行うとは限らず、採用担当者やその日店舗にいる責任者が行うことも少なくありません。面接官の中には、くだけた態度で接するフレンドリーな方もいますが、面接を受ける側は流されずに丁寧に対応しましょう。

また、タトゥーがある方はこのタイミングで面接官に正直に伝えることがポイントです。タトゥーの存在を隠しても、ボディチェックでバレるため、先に申告しましょう。

 

1-3.(3)お店についての説明を受ける

面接官からの質問に一通り答えた後は、ソープの給料システムやお店のルールなどの説明を受けます。ソープは基本的に「歩合制」で給料が発生しますが、お店によってバック率・天引きされる経費・手当などの待遇に差があることは少なくありません。

働き始めてから「知らなかった」「聞いていなかった」ということがないように、システムやルールについての不明点があれば、遠慮せず質問することが大切です。あらかじめ質問事項をまとめておくとよいでしょう。

面接では、出勤日や頻度についても説明されるため、説明を受けたタイミングで、希望する働き方や勤務日数を伝えておくことがおすすめです。

 

1-4.(4)ボディチェックを受ける

お店によっては、面接の最後にボディチェックを行うケースがあります。

ボディチェックは、主にタトゥーや傷跡の有無を確認する目的で行われるため、面接官に下心があるわけではありません。店側がタトゥーや傷跡をあらかじめ把握しておけば、お客さんからのクレームやトラブルを避けることができるでしょう。

なお、ボディチェックといっても必ずしも裸になるわけではないため、過度に不安を感じる必要はありません。一般的には、高級店では裸になるケースが多く、大衆店など女の子の容姿を厳しく見ないお店では下着姿でチェックを受けられます。

面接官の心象をよくするために、魅力的に見える下着や、お店のテイストに合った下着を着用し、ムダ毛の処理は事前に済ませておきましょう。

お店のテイストやコンセプトは、ホームページや求人サイトの情報を見て研究する必要があります。お店の内観や、掲載されている女の子のスタイル・顔立ち・メイク・下着を参考にすることがおすすめです。明確なコンセプトが見当たらないお店では「清楚・清潔」を心がけるとよいでしょう。

 

2.【ソープ】採用から体験入店までの流れ

ソープでは、面接終了後に、その場で採用の可否を伝えられることが一般的です。後日連絡と言われた場合は、不採用の可能性が高いと言われています。

採用の場合は、面接後すぐに講習と体験入店に進むことも少なくありません。ここでは、採用が決定してから体験入店するまでの流れを3つのステップに分けて解説します。

 

2-1.(1)プロフィール用の写真撮影をする

採用が決定したら、お店によってはプロフィール登録用の写真撮影が行われます。この写真は、主に在籍する女の子のプロフィール管理に使われる写真で、ホームページなどに載せる写真は、後日スタジオで本格的に撮影するケースが一般的です。

どうしても顔出しを避けたい場合は、モザイク処理をしてもらうこともできるため、先に申告するとよいでしょう。

 

2-2.(2)講習・研修を受ける

ソープでは独自のスキルが必要なため、採用後すぐに働くわけではなく、講習・研修を受けることが一般的です。講習・研修は、口頭・マニュアル・動画のみのお店もありますが、ほとんどのお店では実技の講習・研修が実施されます。

ソープの実技講習では、基本的な接客マナーやソープのプレイテクニックを講師からマンツーマンで教わります。特に、ソープのサービスの中でも重視される洗体やマットプレイのコツは必ず身に付け、気になることはしっかり質問するようにしてください。

ただし講師の中には、セクハラ目的で講習を行う店長や男性スタッフもいるため、異性の講習を受けることに不安を感じる場合は、女性講師が講習を行うお店を選ぶとよいでしょう。女性講師は、先輩ソープ嬢や元ソープ嬢などが多く、他では聞けない体験談や、お客さんを喜ばせる方法などを聞ける可能性があります。

 

2-3.(3)体験入店をする

講習・研修を受け、接客のコツなどを理解したら、体験入店(体入)に進みます。面接当日に体験入店を行うケースが多いものの、部屋の空き状態や、女の子のスケジュールに応じて後日になることもあります。

体験入店では実際のお客さんを相手にするため、給料が発生します。さらに、スタッフからお客さんに「体験入店している新人である」と、話してもらえるため、過度に緊張する必要はありません。

体験入店は、ソープの仕事内容や、お店やお客さんの雰囲気などを実際に確かめられる貴重なチャンスと言えます。下記は、体験入店の際に確認すべき項目です。本入店するかどうか判断する際の参考として、チェックしてみてください。

  • 講習・研修で得たスキルを実践できそうか
  • 店やプレイルームに清潔感があるか
  • ボーイさんや他の女の子は接しやすいか
  • 困った時に頼れる雰囲気があるか
  • どのようなお客さんが多いか(年齢・態度・清潔感など)

上記はあくまで一例です。自分にとって譲れないポイントや懸念点がある場合は、面接や体験入店前に洗い出しておくことをおすすめします。

 

3.ソープの面接で採用されるためのポイント

ソープの面接で採用されるためには、お店のコンセプトとランクが自分に合っているかを確認することが最も重要です。ホームページの内容や求人情報と、自分の容姿・キャラクター・年齢・業界経験などを照らし合わせ、無理なく働けそうなお店を見つけましょう。

高級店では、高いレベルの容姿だけではなく、洗練された接客マナー・会話力・高度なテクニックが必要とされるため、業界未経験の方の採用は難しいと言われています。業界未経験の方は大衆店、経験者は中級店・高級店に挑戦することがおすすめです。最初は大衆店でソープの接客スキルを磨き、のちのち中級店・高級店への移籍を目指すことも可能です。

新宿エリアにおける中級店・高級店でソープ嬢として働くことを検討している方は「バルボラ」がおすすめです。「バルボラ」は、採用基準が明確でバック率も高いため、働く方の満足が高いお店です。気になる方は、ぜひお問い合わせください。

 

まとめ

ソープの面接では、アルバイトなどの一般的な面接と同様のマナーが求められ、質問内容も基本的に変わりません。ボディチェックでは、タトゥーや傷跡をチェックされるため、先に申告しておくと確認がスムーズに進むでしょう。

その場で採用が決まり、講習・研修と体験入店に進む場合は、ソープの基本的な接客スキルを学び、お店やお客さんの雰囲気をしっかり確認してください。また、お店のランクやコンセプトが自分に合っているかどうかをチェックすることも重要です。