PAGE
TOP

ソープアルバイト情報人気アクセスキーワード一覧

ソープ求人特集ページへ

35 view ソープ仕事内容 ソープの仕事内容とプレイの流れ|働くメリット・デメリットも!
ソープの仕事内容とプレイの流れ|働くメリット・デメリットも!

風俗店で働くことを考えている女性の中には、ソープでの勤務を選択肢に入れている人も多いでしょう。ソープはデリヘルやホテヘルと比べて稼ぎやすいと言われており、求人も一定数出されています。

しかし、ソープは風俗の中でも仕事内容が特殊です。プレイの流れも他の風俗とは異なるため、求人に応募する前に確認しておきましょう。

今回は、ソープの仕事内容やプレイの流れを中心に徹底解説します。ソープで働くメリット・デメリットも併せて解説するため、ソープで働くことを検討している女性は参考にしてください。

 

1.ソープの特徴とは?

ソープは「風俗の王様」と呼ばれ、濃厚なサービスを提供することが特徴です。体力面では大変な面もあるものの、比較的稼ぎやすいと言われています。

ソープの仕事が稼ぎやすい理由として、デリヘルのように移動時間が発生せず、回転率が良いことが挙げられます。移動時間を接客の時間に充てると、1日の接客数を増やせるでしょう。

しかし、ソープはプレイ・接客の両方で高いスキルが要求されるため、他の風俗よりも採用される可能性が低いという特徴もあります。どれだけ高いスキルを持っていても、採用されないことは珍しくありません。

また、ソープでは勤怠面も厳しく管理されます。当日に出勤をキャンセルしてしまうと「プロ意識がない」と判断され、スタッフからの信用度を大きく下げることにつながります。

大変な面もあるものの、ソープでの勤務を経験していれば、他の風俗で働くときの負担は少なくなるでしょう。プレイのテクニックやお客様への対応がしっかりと磨かれるため、あらゆる場面でソープでの勤務経験を活かすことが可能です。

 

1-1.ソープの主な種類3つ

ソープは「大衆店」や「高級店」などのランクによって、いくつかの種類に分けられます。ソープの種類の詳細は以下のとおりです。

種類 概要
大衆店

比較的カジュアルなお店の種類であり、最短で45分のコースが設定されていることが多いランクです。

お客様が支払う料金は10,000~15,000円程度が相場であり、極端に高いスキルを要求される可能性は低いでしょう。

中級店

大衆店と比べると高いスキルを要求され、コースも最短で90分など、接客の時間が長くなります。

お客様が支払う料金は30,000~50,000円程度が相場であり、十分に稼げるランクのお店です。

高級店

非常に高いスキルを要求されるうえ、コースは最短でも120分となり、お客様一人ひとりにじっくりと接客をします。

お客様が支払う料金は60,000~80,000円程度が相場であり、非常に稼ぎやすいランクのお店です。

それぞれで求められるスキルや稼ぎやすさは異なるため、自分の身の丈に合ったお店を選びましょう。

 

2.ソープの仕事内容|プレイの流れを紹介!

ソープの仕事内容はあらかじめ流れが決まっており、接客は流れに沿って進めることが一般的です。しかし、ソープでの勤務経験がない場合は難しく感じられることもあるため、働き始める前にプレイの流れを知っておきましょう。

ここでは、ソープの仕事内容について、プレイの流れを紹介します。

 

2-1.【STEP1】お客様の出迎え・脱衣のサポート

最初のSTEPでありながら、もっとも重要な部分と言えるSTEPです。この場面でお客様に好印象を与えられたら、その後のプレイもお互いがリラックスした状態を維持できます。

お客様にドキドキ感を味わってもらえるよう、プレイルームに向かう際は手をつなぐことがおすすめです。このような気遣いができるとお客様からの人気が高くなり、リピーターになる可能性も高まります。

服を脱ぐときも、優しく丁寧にお客様をサポートしましょう。

 

2-2.【STEP2】即尺・洗体

高級店では、入浴の前にフェラをする「即尺」プレイを行います。即尺は、中級店や大衆店ではあまり行われないプレイです。

即尺プレイの有無にかかわらず、入浴プレイの前にはお客様のからだを洗う「洗体」をしてあげましょう。衛生面の部分を考慮しても、洗体は重要です。また、ただお客様のからだを洗うのではなく、タワシ洗いや壺洗いなどを実施するとお客様の満足度が高まります。

 

2-3.【STEP3】入浴プレイ

洗体が終わった後は入浴プレイに移ります。お客様が入るスペースを確保するために、ソープ嬢は浴槽の蛇口側に入ることがポイントです。加えて、手や首といった疲れがたまりやすい部分をマッサージしてあげれば、お客様は癒やしを感じられます。

入浴プレイでは「潜望鏡プレイ」をなるべく実施しましょう。潜望鏡プレイとは、お客様に腰を突き上げてもらい、ソープ嬢がフェラをすることです。潜望鏡プレイはお客様に喜ばれることが多く、その後のプレイにも良い影響を与える可能性があります。

 

2-4.【STEP4】マットプレイ

ソープの目玉と言えるプレイがマットプレイです。ローションを使いながら自身のからだを滑らせるようにして、お客様に快感を味わってもらいます。

「マットプレイが上手なソープ嬢は稼げる」と言われるほど、マットプレイはソープで重要です。しかし、慣れるまでに時間がかかる人も多く、始めのうちは難しく感じられることもあります。

働くお店によっては店舗スタッフによる講習が実施される場合もあるため、スキルを高めたいときは積極的に講習を受講しましょう。

 

2-5.【STEP5】休憩・2回戦目

マットプレイまでが終わった段階で、一度休憩を挟みます。何か飲み物がある場合は、お客様に渡すようにしましょう。ただ、あくまでプレイを休憩しているだけであり、ソープ嬢にとって仕事中の時間であることは変わりません。

休憩の間もお客様とコミュニケーションを取りながら、ボディータッチなどは欠かさず行うようにしてください。

2回戦目の実施に関しては、お客様に希望を伺いましょう。お客様が2回戦以降を希望した場合はプレイを再開します。

 

2-6.【STEP6】シャワー・お見送り

プレイが終了した後は、最後にシャワーを浴びてお見送りをします。ローションがからだについている場合はしっかりと洗い流し、清潔な状態で帰ってもらえるようにしてください。

お見送りの際は、離れる瞬間まで手をつなぎつつ、名残惜しい雰囲気を出すことがポイントです。お客様の名前を呼んであげると、お客様は再び指名したいと思うようになり、リピーターになってくれるでしょう。

 

3.ソープで働くメリット・デメリット

ソープで働くときのメリット・デメリットは、それぞれ以下のとおりです。

〇メリット:どの風俗の仕事よりも稼ぎやすい

ソープは求められるサービスの質が高い分、どの風俗の仕事よりも給料を稼ぎやすいことがメリットです。一人のお客さんに対する単価が高く、働くお店のランクによっては月に100万円以上を稼げるチャンスもあるでしょう。

また、ソープはデリヘルやホテヘルといった風俗に比べると店舗数が少なく、お客様がお店のリピーターになる可能性も高い種類です。他の風俗と異なり、安定して稼ぎやすい点もメリットと言えます。

〇デメリット:金銭感覚がズレてしまう可能性がある

ソープの仕事はどの風俗よりも稼ぎやすい一方、稼げることが原因で金銭感覚がズレてしまう可能性もあり、注意が必要です。稼いだお金を使いすぎると、かえって借金を抱えることにつながりかねません。

ソープでの勤務を考えている場合は、デメリットへの対策として、金銭管理がうまくいくように準備しましょう。事前に金銭管理の練習をしておけば、金銭感覚のズレを防げる可能性が高まります。

ソープでの勤務にはデメリットもあるものの、風俗の仕事に興味がある場合は稼ぎやすいソープをおすすめします。

 

まとめ

今回は、ソープの仕事内容やプレイの流れに加えて、ソープで働くメリット・デメリットなどを解説しました。

ソープでの勤務は非常に稼ぎやすい一方、接客やプレイなど全ての部分で高いスキルが要求されます。ソープの種類を把握し、自分に合ったお店を選ぶことがポイントです。

ソープで働くことにはメリット・デメリットがあるものの、デメリットの部分は自身で対策できます。東京の新宿エリアでソープの求人を探す際は、バック率の高さと稼ぎやすさが特徴の「バルボラ」をご確認ください。